~調べてまとめ、学習を深める~ 大屋小4年 点字学習

d0044608_16573460.jpg
大屋小学校4年生32人が国語の授業「『伝え合う』ということ」のなかで、目の不自由な人について、点字や点字ブロック、盲学校などそれぞれが決めたテーマで調べ、学習を行いました。

9月8日は、社協職員による点字学習を行いました。身のまわりにある点字を捜す宿題に、児童はビールの缶や洗濯機にがあることを発表したあと、点字の歴史やルールについて話を聞き、実際に打つ体験をしました。
初めは難しそうでしたが、最後は自分や友達の名前も打てるまでになりました。

野崎もなさんは「点字を打つのは初めてだったのですごく楽しかったです。点字を考えたルイ・ブライユも目を悪くしていたなんて初めて知りました。もっと点字を打ってみたいです」と感想を述べていました。

d0044608_16574945.jpg

[PR]

by yabu-wel1661 | 2009-10-05 17:35