介護予防ボランティア「サポーターオレンジ」定例会開催

d0044608_10212167.jpg


養父地域の介護予防サポーター研修修了生で結成する「サポーターオレンジ」が、10月13日定例会を開催しました。

同グループのメンバーは、21人で、毎月1回定例会を行い、予防の学習や体操の練習などを行っています。

毎月第4木曜日には、高齢者の介護予防を目的とした、ふれあいいきいきサロン「そよ風」で活動をして
おり、季節の歌に振り付けをした歌体操やシーツバレーなどのゲームを、利用者と一緒に楽しんでいます。

また、依頼があれば各区のサロンや交流会等へ、近くに住むメンバーが出かけて活動しています。

この日は11人が参加し、地域包括支援センターの吉田由佳保健師から、嚥下(飲み込み)に関する話を聞き、高齢になっても飲み込みが楽にできるように、日頃から気をつけることを学習しました。

代表の高階さんは「研修などで介護予防の大切さを実感しました。教わった事を地域に返して、自分たちに出来る範囲で活動を広げていきたいです。」と話していました。
[PR]

by yabu-wel1661 | 2009-10-13 19:49 | 養父支部