「ほっ」と。キャンペーン

養父中学校ボランティア部 スピリット賞を受賞

d0044608_141999.jpg
全国の青少年によるボランティア活動で、顕著な成果を残した個人や団体をたたえる「第13回ボランティア・スピリット賞」に、養父中学校ボランティア部が選ばれました。

同賞はプレデンシャル ファイナンシャルが主催。ブロック賞に全国で40グループが選ばれ、うち県内は同校を含めて8件。

同部は、近くの老人ホームを訪ね「喫茶コーナー」を開き、お茶などをふるまいながら会話したり、ホームに飾る季節の掲示物などを作ったりしています。

また「ふれあい郵便」として、ひとり暮らしの高齢者に年賀状や暑中見舞いを出して交流するなど、校外の活動に積極的に取り組んでいます。

選考では、年間を通じて多彩な活動に取り組み、一つひとつの活動に込める心の温かさが評価され受賞しました。

前部長の藤本さんは「地域の方々に喜んでもらえるよう日々してきた活動が認められ、うれしく思います」と話し、部長の鈴木さんは「受賞が嬉しく、自信もつきました。今後も地域とのふれあいを大切に、様々なことに挑戦していきたいです」と話していました。
[PR]

by yabu-wel1661 | 2010-03-04 12:41 | 養父支部