「ほっ」と。キャンペーン

介護予防サポーター研修会が始まりました

d0044608_925356.jpg
平成22年度介護予防サポーター研修会が6月8日に始まりました。

この事業は、介護予防につながる活動を地域で行っていだだく「介護予防サポーター」を養成しようと、養父市地域包括支援センターと養父市ボランテイア・市民活動センター (養父市社会福祉協議会)が共催して開催したものです。

研修は、6回シリーズで行います。
◆第1回…介護予防の基礎知識~介護予防の全体像・何を予防したらよいのか!~
◆第2回…認知症の理解と対応・地域で出来る頭を使ったゲーム
◆第3回…簡単にできる基本的な体操方法・介助方法 
◆第4回…口腔機能について・肺炎予防・お口の体操 
◆第5回…栄養について~おいしく安全に食べるための工夫~
◆第6回…地域に必要なものは何か。今から何ができるか。(ワークショップ)

今年度の受講者は39名です。
この講座も今年で4年目(4回目)を迎えますが、これまで3年間で143人の方がこの研修を受講されました。今回もたくさんの方に受講していただき、主催者側もたいへん喜んでおります。

やはり、地域のために何か自分にできることはないか?と考える人が多いということが分かりました。
このような人材を大切にして、研修会終了後も継続して働きかけて地域のキーパーソンになっていただきたいです。

開講となったこの日は、介護予防の基礎知識を学習した後、グループに分かれて研修を受けたきっかけや、これから地域で取り組みたいことなどを話し合いました。
d0044608_93784.jpg

[PR]

by yabu-wel1661 | 2010-06-08 08:27 | 本部