「ほっ」と。キャンペーン

役職員等研修会

d0044608_1845738.jpg


久々のアップです。

今日は、養父市社協の役職員等研修会を八鹿老人福祉センターで開催し、県社協から提示された「市町社協地域福祉推進計画」~ささえあうまちづくり推進プラン4~の内容について研修しました。

参加者は、役職員、支部運営委員など52名。
講師に兵庫県社協地域福祉部、荻田藍子さんをお招きし、地域福祉推進計画(ささまち4)に基づき、社協の今後の使命と方向性などについてお話いただきました。

荻田さんは講演の中で「これからの地域福祉は、住民が地域の生活課題を発見し、その解決に向けて主体的に行動するなど、住民が中心になった『地域福祉経営』によって、地域の福祉力を高めるということが大切であり、社協がその支援を行わなければなりません」と話されました。

また、社協が直面している課題として、①先駆性、開拓性の低下、②コミュニティワーカー力量の低下、③内向きな組織形態、④行政依存の組織体質の4点をあげ、
今後これらの課題について改革する必要性も提示されました。

参加者からは「たいへん勉強になった。これからの福祉は住民が参加する福祉。この方針書を基に養父市社協も推進計画を策定してもらい、支部同士が切磋琢磨して養父市の地域福祉を盛り上げて欲しい」と話していました。
[PR]

by yabu-wel1661 | 2005-07-13 18:01 | 本部