「放課後クラブ」がスタート

知的障害や自閉症をもつ児童を見守り
 d0044608_1515058.jpg

8月1日、養父市知的障害児託児所「放課後クラブ」が開所しました。
 この事業は、常に介助を要する知的な障害をもつ児童を放課後の時間、一時預かりし、遊びの見守りや介助を行うことで、家庭での保護者の心身的な負担を軽減することを目的としています。
 市内では知的な障害をもつ児童への福祉サービスが圧倒的に不足するなか、市、社協、豊岡こどもセンターなど関係機関の職員が今年の1月から話し合いをはじめ、度重なる協議とスタッフの研修などを行い、設立にこぎつけました。
 本事業は、市社協八鹿支部が市からの委託を受け実施。7月4日からスタッフの研修も兼ねながら一部先行して開始し、8月1日から本格的にスタートさせました。
 あるスタッフは「自閉症のお子さんが戸惑わないよう気を配っています。ここは療育ではなく見守りの場なので、みなさんが安心できる場になるよう心がけています」と話していました。

d0044608_1571881.jpg
事業の概要は次のとおりです。
◆対象者/市内在住の概ね5歳から18歳までの常に介助を要する知的障害児
◆定員/1日あたり3人
◆託児場所/小規模作業所「たんぽぽの家」2階
◆開所日/月曜日~金曜日…午後3時~午後5時30分まで、土曜日…午後1時~午後5時30分まで
◆休所日/日曜日・祝祭日8月13日~15日、12月29日~翌年1月3日
◆利用料/基本利用料…1人1時間あたり100円、送迎利用料…1人1回あたり100円、おやつ代…1利用につき50円
◆指導員/豊岡こどもセンター等の見守り講習を受講した社協登録スタッフ(登録11人)
◆お申し込み問い合わせ/養父市福祉課(℡662-3162)または養父市社協八鹿支部(℡ 662-8080)
[PR]

by yabu-wel1661 | 2005-08-02 14:57 | 八鹿支部