「ほっ」と。キャンペーン

地域福祉推進計画ブロックセミナー

d0044608_17321027.jpg
但馬・丹波地区の標記研修会が開催されました。

養父市社協からは、役職員14人が出席し、県社協がこの度作成した「市町社協地域福祉推進計画」~ささえあうまちづくり推進プラン4~(以下「ささまち4」)の内容について研修を受けました。

午前の基調報告で県社協地域福祉部長は「合併は、社協を改革するチャンス。このささまち4の方針書に基づき、すべての市町で地域福祉推進計画を策定してください」と説明。さらに「計画をつくりっぱなしにせず、必ず、計画→実行→評価→改善のサイクルで進めてください」と話しました。

午後からの演習(ワークショップ)では、現在社協が組織面で直面している課題を話し合い、今後の対応策について協議し、参加者全員で共有しました。

養父市社協もこの「ささまち4」を基に本格的に策定準備に取りかかり、事務局主導ではなく、住民や当事者の声を計画に反映できるような仕組みづくりをポイントに取り組んでいきたいと思います。
[PR]

by yabu-wel1661 | 2005-08-09 17:51 | 本部