「ほっ」と。キャンペーン

おおや作業所体験教室

 d0044608_1735735.jpgお盆目前の8月11日、関宮小学校の生徒11人の参加を得て、「おおや作業所体験教室」を行いました。
 この事業は、作業や食事を通して障害を乗り越えて自立を目指しておられる所員の皆さんと交流し、障害を持つ方は特別な存在ではないことを理解し、またともに地域の人として生活出来ることのすばらしさを体験してもらうことを目指して毎年開催しているものです。
 
 今回は全員が初参加ということで、作業所に向かうバスの中からすでに緊張気味。到着して挨拶し、いっしょにラジオ体操やウォーキングをしていても、生徒たちで固まってしまいがちです。どうなることやらと心配しましたが、それぞれがカバン班、ふきん班、園芸班などの作業に入ると作業所のみなさんが気軽に声をかけてくださり、生徒たちもすこしずつ打ち解けていき、  お昼休みの頃には一緒にオルガンを弾いたり、ゲームを楽しんだりする光景が見られました。
 
 午前中は作業所の先生に班分けをお願いしましたが、午後の作業は各々が興味のある班を自由に参加させていただきました。男の子は木工班、女の子は人形つくりに人気が集まっていたようです。3時前になって作業時間が終了しても熱中し、「もう少しだけ~」と粘る児童もいました。
 
 最後に一同並んで作業所のみなさんに挨拶して帰路につきました。帰りのバスの中では朝とは打って変わって「ボクこんなんしたでぇ」「アタシこんなんできたでぇ」と自慢しあう微笑ましい会話で始終賑やかでした。
d0044608_17361566.jpg 
 
[PR]

by yabu-wel1661 | 2005-08-22 17:16 | 関宮支部