今年で100歳!~趣味は、囲碁とパチスロ~

d0044608_16583212.jpg毎年9月号の広報紙で、市内の元気な高齢者を紹介する特集を掲載しています。
今年は、養父市養父市場の児島太助さん(100歳)を取材しました。

児島さんは、100歳でありながら、現在も家族の食事(朝・昼・晩)をつくられており、得意料理は「とんかつ」だそうです。

体の状態もいたって健康。足が少し悪いだけで、お話しも冗談を交えながらしっかりとした口調で話され、とても100歳に見えません。


趣味は囲碁。
囲碁は右脳と左脳の働きを活発にするため、ボゲ防止にはもってこい!とのことです。

また、驚いたのは、2週間に1回、子どもさんに送迎してもらってパチンコ(パチスロ)に行くのが楽しみだということです。

長生きの秘訣は?と聞くと「栄養のバランスのとれた食事を摂ることと、毎日6勺のお酒を飲むことです」と。
同居している息子さん(63歳)も「大好きなお酒を飲んで、父親に1日でも長生きしてもらいたい」と話していました。

最後に今後の目標は?とお聞きすると
「人間は125歳まで生きれると聞いたことがあります。その年まで長生きしますよ」
と笑いながら答えてくれました。

児島さん。快く取材に応じていただきありがとうございました。
いつまでも長生きしてください。
[PR]

by yabu-wel1661 | 2005-08-25 16:36 | 本部