建屋小学校6年 高齢者疑似体験

9月26日、建屋小学校6年生の福祉学習「高齢者疑似体験」を行いました。
17人中15人がおじいちゃんおばあちゃんと同居しているという子どもたちでした。

お年寄りの身体的に困るところや生活しづらいことを体験で学び、最後に自分に何ができるか、どのようなお手伝いができるかを考えて発表してもらいました。

今学校でのいじめの問題が話題になっていますが、お年寄りに優しくするのはもちろん、一番身近なお友達が困っていたら声をかけ、思いやりの心を持てる人になろう!とみんなで話し合いました。

最後に女の子が言ったお礼のあいさつにびっくり!
「今日は貴重な体験ありがとうございました。私の近所にひとり暮らしのおばあちゃんが住んでいます。これからは気にかけて見守っていこうと思います」

…すごい気づきです。
こちらが勉強させてもらいました。

d0044608_1050541.jpg



d0044608_10501342.jpg
[PR]

by yabu-wel1661 | 2012-09-26 18:50 | 養父支部