ほのぼの会と関宮小6年生が交流

d0044608_17363494.jpg関宮小学校6年生46人とひとり暮らし高齢者の皆さんで組織する「ほのぼの会」の会員37人とが10月25日、関宮ふれあいの郷で交流をしました。

これは、“ボランティアについて考えよう”をテーマに、同校の総合学習の一環として行われたもので、今年度の同施設への訪問は、今回で2回目となります。

この日は、生徒たちが育てたさつまいもでお菓子をつくり、会員にふるまいました。
また、手づくりのゲームコーナーを設けて、皆さんと射的や輪投げ、肩たたきなどで交流を深めました。

同校6年の森本葵さんは「肩たたきをしたら、ありがとうと言ってくれたのがうれしかった。ふだんできない経験をしてよかったです」と充実した表情で話していました。

また会員の西本たまゑさん(向三宅)は「毎回ほのぼの会に参加するのを楽しみにしています。今日は子どもたちと交流ができて、元気をもらいました」と話していました。

【ほのぼの会って?】
 ほのぼの会は、65歳以上のひとりぐらし高齢者の皆さんが集まる当事者組織で、現在の会員は51人。
 毎月第4火曜日を定例会として、第2火曜日は温泉や外食など会員同士が車を乗り合わせて外へ出かけています。
 毎月の活動内容は、すべて会の世話役がメニューを考えて決めます。また、納涼会や運動会、クリスマス会や新年会など季節の行事も会員の手で計画して実施しています。


◆ほのぼの会に関するお問い合わせは、関宮支部⇒℡079-667-3248まで


(投稿者:A.Y)
[PR]

by yabu-wel1661 | 2005-10-25 18:38 | 関宮支部