介護者家族交流会へ参加

 11月10日、但馬長寿の郷で兵庫県社協主催「介護者家族交流会」が開催されました。この交流会は、介護者と支援者が集い、情報交換や今後の方向性、ネットワーク化の検討を目的として開催され、養父市からも介護者、支援スタッフ等から11名の参加がありました。
 
 情報交流会では、参加者から介護体験、介護者の会の現状・課題等の報告がありました。のぎくの会(大屋地域の在宅介護者の当事者組織)の参加者からは、「介護者の会は、これからも心の癒しの場、笑顔が絶えない場であってほしい。」との意見がありました。社協も常にこの事を意識した支援でなければとあらためて感じさせられる言葉でした。

 また、今後の参考になる県内各地の介護者の会の運営、支援方法についても学ぶことができました。たんぽぽの会(関宮地域の在宅介護者の当事者組織)支援スタッフの参加者からも「手書きならたんぽぽの会通信なんかも作れるんとちがうかなぁ」と言われていました。
 
 シンポジウムでは、全県的なネットワーク化の重要性が今後の方向性として示されました。第一段階として養父市においても数年後には介護者の会の当事者組織が各地域に、そして交流できる場を社協として提供できたらいいなぁと感じました。(投稿者 W.S)

d0044608_19223093.jpg

[PR]

by yabu-wel1661 | 2005-11-10 19:13 | 本部