ひとりぐらし高齢者・高齢者夫婦世帯等防火訪問

 11月22日、養父地域での独居老人・老人世帯等の防火訪問を行いました。
 これは、全国で発生する火災の犠牲者のうち特に住宅火災における高齢者の割合が増加傾向にあることから、消防所がその防止対策として春と秋の年2回取り組まれているものです。
 当日は、2班に別れて、事前に民生委員さんからお聞きした高齢者宅を養父市消防本部署員の方と訪問しました。
d0044608_1348385.jpg

 特に今すぐ気になるという所はありませんでしたが、だんだん寒さが厳しくなる季節ということもあり、「これからストーブをよく使う時期になるので灯油を入れるときは1回電源を切って入れて下さい」とアドバイスされました。
 どのお宅でも消防署の方が来てくれたとあって、「いつも火の元には気をつけとるけど消防の人が見ておくれたから余計安心したわ」と訪問を大変喜ばれていました。
[PR]

by yabu-wel1661 | 2005-11-25 14:04 | 養父支部