「ほっ」と。キャンペーン

業務研究会開催

2月3日、やぶ生涯学習センターで、養父市社協職員を対象(参加者23人)に業務研究会を開催しました。今回は、兵庫県社協権利擁護センター所長 手島洋氏を講師に『福祉サービス利用援助事業と地域生活支援』と題して福祉サービス利用援助事業について理解を深めました。
d0044608_12383338.jpg
今回の業務研究を通じて「社協は地域福祉に責任を持つ団体であり、福祉サービス利用援助事業のニーズを地域の中で潜在化させてはならない。」とあらためて感じました。(投稿者 W.S)

※福祉サービス利用援助事業とは
 社会福祉制度が措置制度から介護保険制度に代表される契約制度に変わっていくなか、自ら福祉サービスを選ぶことに不安のある方のお手伝いをするための制度。
(福祉サービスの利用手続き、日常的金銭管理、通帳・印鑑預かりサービスなど)
[PR]

by yabu-wel1661 | 2006-02-03 18:00 | 本部