「ほっ」と。キャンペーン

関宮中学校福祉交流会

 6月29日、関宮中学校の「福祉交流会」が同中学校を会場に行われました。
今回は、「アイマスク体験」と「青い鳥学級の皆さんとの交流会」があり、1年生46人が参加。
 d0044608_15101642.jpg
 まずは、社協職員が地域の福祉概要を述べ、「何らかの障害を持っている方が関宮地域に341人います。割合で100人中8人の方が障害をもち生活しているのです」とありました。

 その後、校舎内をペアになり歩いてみました。生徒は、「段差があれば早く声掛けするよう心掛けた」と話していました。

 次に、青い鳥学級生とボランティアの方から目が見えなくなってからの生活の様子を聞きました。
 
 話の中で、「アイマスクの世界が目の見えない人の世界なんですよ」とありました。

 
d0044608_15111434.jpg「目の見えないことで一番不自由なことは何ですか?」と質問があり、「花が咲いていることと花の色が分からないこと。でも家族に何の花が咲いているか聞いて俳句を作っているんです」と答えがありました。

(投稿者 W.S)
[PR]

by yabu-wel1661 | 2006-06-29 15:00 | 関宮支部