養父地域一斉災害訓練

d0044608_11572021.jpg 養父地域(旧養父町)の全住民を対象とした一斉災害避難訓練が7月28日に実施され、3432人の地域住民が参加しました。
 これは、水害や地震などの災害時に、全住民がすばやく避難所に避難できるようにすることと、寝たきり高齢者などの要援護者の避難を補助することを目的として、行政(養父地域局)、社協(養父支部)、民生委員・児童委員、消防団、地域自主防災組織が連携して実施したものです。
 
昨年に続き2回目の開催となった今回は、マグニチュード7.3の大地震を想定。全住民に避難勧告を発令し住民が公民館などの避難所に避難する訓練を行ないました。

 また社協では、養父市場区をモデルとして、寝たきり高齢者及び体の不自由な方が避難できるように、社協の福祉車両で、避難所である養父アパレルグラウンドまで搬送するという訓練も行いました。

このほか、全地域で地元消防団員、自主防災員、民生委員が要援護世帯を訪問し安否の確認を行い、あわせて、その方に防災意識に関する聞き取り調査を行ないました。
(投稿者A.Y)

d0044608_11562878.jpg












(※二次災害が発生したことを想定して、消火器を使った初期消火活動訓練を実施)
[PR]

by yabu-wel1661 | 2006-07-31 12:07 | 養父支部