広谷小学校車いす体験

d0044608_18382088.jpg
広谷小学校3年生24人を対象とした福祉学習を同校体育館で行いました。
これは、同学年の総合学習の一環として、車いす体験を通じてバリアフリーについて学ぶために開催されたもので、社協職員がその体験のお手伝いに出向きました。
今日は晴天にも恵まれ、屋外での体験もできました。
養父地域局周辺はグレーチング(溝のふた)ばかりで、児童たちは車いす操作に四苦八苦している様子でした。

「体育館の中は操作しやすかったけど、外に出れば路が悪くて操作しにくかった」、「溝の近くは路が斜めになってて、そっちに車いすが吸い込まれそうでした」との声。
今日の体験で、何かの気づきがあったかな?
[PR]

by yabu-wel1661 | 2006-10-16 18:53 | 養父支部