支部長連絡会議を開催

本日、第13回目の支部長連絡会を開催しました。

今回の主な協議事項は、歳末たすけあいの実施について、調整できていないこまかな点をつめました。
昨年度大改革を行った歳末たすけあいですが、
①年末年始の地域ふれあい事業
②家事援助サービス
③要援護者・障がい児者への見舞

この3項目の柱は変更せず、昨年の実施から出来てきた課題を整理して、今年度はよりグレードアップした内容にしていこうと決定しました。

特に地域ふれあい事業は、昨年56行政区からの申請があり、その中でも39地区は新規に事業を立ち上げ、地区での異世代交流事業を実施していただきました。

今回は、より事業内容を限定して、かつ助成額2万円の10%は他からの助成や会費を使っていただく内容にしようと決まりました。

この内容を11月1日に開催される、理事による地域福祉部会に提案します。
この部会には各地域の民生委員児童委員協議会の会長にもご出席いただき、意見をいただく予定となっております。

いすれにしても、この歳末たすけあいは、一年間の社協事業の総決算。
歳末ならではの要素を入れて、事業を実施してまいります。
[PR]

by yabu-wel1661 | 2007-10-29 18:47 | 本部