「ほっ」と。キャンペーン

第4回養父市ボランティアのつどい

 11月9日、但馬長寿の郷で「養父市ボランティアのつどい」を開催し、101人が参加しました。これは、市内のボランティア活動の活性化とボランティアの交流、情報交換を図るために養父市ボランティア・市民活動センター(養父市社協)が主催したものです。
d0044608_17433033.jpg

 午前中は「『ボランティアと人権』~ボランティア活動における人権意識~」と題して香美町教育委員会派遣社会教育主事の楠田千晴さんによる講演が行われました。

 「関心のあることにきめ細かく支援できることがボランティア活動です」また、「誰かのためでなく自分のためと思い行うことが大切です」と楠田さんは話されました。

 午後からは、地域で介護予防活動を支援する「介護予防サポーターようか」と福祉施設や学校等を訪問し活動をしている「やぶお手玉の会」が実践発表を行いました。
d0044608_1743445.jpg

 また、楠田さんを講師に行われたワークショップでは、自分自身を理解し、そして相手を理解し受け入れた上で思いやることがボランティア活動につながること、「共感と理解」の大切さを学びました。
[PR]

by yabu-wel1661 | 2007-11-09 17:41 | 本部