「多重債務」について考える法律相談セミナー

d0044608_1933450.jpg
平成19年度法律相談セミナーを3月7日に開催しました。
この日は、一般市民、福祉関係役職員などあわせて66人が参加しました。
また、市外からも豊岡市社協・朝来市社協の職員や相談員、また豊岡市役所の職員の皆さんにも参加していただきました。

平成16年度から毎年開催しているセミナーですが、今年は「多重債務」をテーマに取り上げ、開催しました。
講師は、昨年と同様、養父市社協相談担当弁護士、三宮法律事務所の福島健太弁護士を招き、多重債務になった場合の対処方法やヤミ金融の手口、グレーゾーン金利等について講演していただきました。

多重債務になった場合の法的な債務整理の方法として
1 任意整理
2 特定調停
3 民事再生
4 自己破産
について詳しくお話しされました。

参加者は、「クレジットカードを日頃よく使うので、知らないうちに債務が増えていくことを実感します。早めに対策できれば違ってくると思います。今回のセミナーは、困った時にとり得る方法を具体的に示されて大変よかったと思います。受講者を通じ、広く一般の人々にも知ってもらえると良い内容だと思いました」話していました。

また、弁護士から法テラス(日本司法支援センター)についての説明もあり、「『法テラス』で電話相談をできることを知り、大変うれしく思いました。体が不自由な方や相談に行きたくても行けない人にとって有難い情報です」との声もありました。
[PR]

by yabu-wel1661 | 2008-03-11 19:07 | 本部