「ほっ」と。キャンペーン

福祉委員研修会開催 

養父市社協は、「第1次地域福祉推進計画」に基づき事業を実施しています。

その中で、重点事業として取り組む「小地域福祉活動」は、福祉委員を中心としたものであり、より多くの人が共通認識を持って活動できるよう8月8日、関宮支部福祉委員研修会を開催しました。

当日は、福祉委員の他、区長や民生委員・児童委員、ふれあいいきいきサロン代表者等83人が参加しました。

最初に、各区から選出された104人の福祉委員に委嘱状が交付され、その後、兵庫県社協地域福祉部長 手島洋さんを講師に「福祉のまちづくりと福祉委員の役割」と題した講演がありました。

話の中で、「生活は便利になっている反面、身近な人の支えが必要な人がいます。その支えになるのが福祉委員です」「成果が分かりにくいので、活動を振り返ることも大切です」とありました。

また、事例を用い課題に直面した場合の対応を考え、意見も出し理解を深めました。

参加者は、「見えないところでも福祉課題はあるはず。具体的な取り組みを話し合いたい」と話していました。

(主な活動内容として)
①地域における福祉の実情の把握と福祉問題を明らかにする
②地域の福祉活動を推進する
③地域の各種団体及び住民への連絡調整に当たる
④共同募金運動、その他必要に応じて協力する
以上4点が関宮支部福祉委員の主な活動内容です
d0044608_10101260.jpg

d0044608_10103513.jpg

[PR]

by yabu-wel1661 | 2008-08-09 10:00 | 関宮支部