「ほっ」と。キャンペーン

介護者の会で音楽療法を体験!

家庭で寝たきりや認知症高齢者を介護しいている人たちが交流や情報交換、介護研修などをとおして心身のリフレッシュを行う「介護者の会」を8月21日、ふれあいの郷で開催し、市内から26人の参加がありました。
 
今回は、兵庫県音楽療法士梅谷浩子さんと氷上吹奏楽団の団長谷垣昌明さんを講師に「音楽で心も体もリフレッシュ」と題した音楽療法を学びました。

講演では、ピアノ演奏や合唱を交えながら音楽が及ぼす身体への影響について説明がありました。

梅谷さんは、「音楽には浄化作用があります。体が疲れている時は、川のせせらぎや鳥の鳴き声にはサブリミナル効果もあり、リフレッシュできます」と話していました。
 
参加者は、「音楽療法は初めての体験でした。川の流れの音も癒しになるので、試してみたいです」と感想を述べていました。
d0044608_1856516.jpg

[PR]

by yabu-wel1661 | 2008-08-21 18:57 | 関宮支部