「第3回組織経営検討委員会」開催

10月29日、大屋老人福祉センターで、第3回組織経営検討委員会を開催しました。
 まず、継続審議中の「指定管理施設の廃止にともなう事務所の統合」について、実際に事務所の候補地を視察し、移転した場合のメリット、デメリットについての意見を出し合いました。

次に、職員レベルでも調整中の給食サービス事業について協議を行いました。
「給食サービスは、支部によって実施方法が異なる。効率的に事業を進めるには調理場所を一箇所にすることも考えられる」等、職員間で話し合った調整案の提示が担当者からありました。
 
委員からは、「安否確認を行うための給食サービスなら、小地域福祉活動の中で対応できるかもしれない」また、「事業を継続するなら補助金、委託金をあてにした事業展開では生き残っていけない」等、今後の方向性について意見が出されました。

今後も理事で構成した各部会や、職員で構成した介護保険事業所統合会議、地域福祉担当者会議で話し合い、検討委員会で「マイナス予算解消」に向けてさらに協議します。


d0044608_15232090.jpg

[PR]

by yabu-wel1661 | 2008-10-29 17:00 | 本部