「ほっ」と。キャンペーン

福祉委員研修会開催

 3月18日(旧熊次・出合校区)、24日(旧関宮・大谷校区)の福祉委員を対象に、関宮ふれあいの郷で「福祉委員研修会」を開催しました。
 
この研修会は、社協が策定した「第1次地域福祉推進計画」の中で基本目標の一つとしてあげている「小地域福祉活動の推進」を福祉委員に担ってもらうため開催したもので、福祉委員のほか、区長や民生委員・児童委員等合計96人の参加がありました。d0044608_1950363.jpg
 
まず、社協職員より福祉委員の役割や福祉連絡会立ち上げの意義、助成金についての説明がありました。
 
そして、区ごとに分かれて地域の福祉状況(高齢者世帯、高齢夫婦世帯など)を把握するため世帯ごとに色分けし、地図に記入する「福祉マップ」の作成を行い、状況を把握しました。
 
また、福祉マップを作成して気づいたことや福祉課題について各区より発表がありました。参加者からは、「改めて高齢者世帯が多いことを実感し不安になりました」「5年、10年先は自分たちも高齢になります。安心して暮らせる地域となるよう今から課題に取り組んでいきたいです」と述べていました。
[PR]

by yabu-wel1661 | 2009-03-26 19:46 | 関宮支部