「ほっ」と。キャンペーン

新体制でスタート!地域交流センター「福祉の杜」

d0044608_20504096.jpg
 養父市社協本部の新事務所が6月1日、県集合庁舎の敷地内に移転しました。再出発の節目となるこの日のオープニングセレモニーでは、新しい施設の除幕や愛称募集の表彰などを行い、開所を祝いました。

 この事務所移転は、市などからの補助金削減や指定管理施設の廃止により、組織の統合化、事務機能の一元化を進めるために行ったもので、このたび兵庫県所有の施設を借り、福祉サービスの維持・向上を図ります。
 移転先の愛称は、地域交流センター「福祉の杜」。公募の中から、会社員の小柴隆之さん(養父市広谷)の作品が選ばれました。
 セレモニーでは、谷口進一但馬県民局長が「県民局と社協が手を携え、福祉事業を盛り上げていきたい」とあいさつ。中尾智昭会長は「新しい拠点を中心に、社協が市民の心のよりどころとなる杜になるよう育てあげたい」と豊富を述べました。


愛称募集選考結果

◆最優秀賞
 小柴 隆之さん(広谷)

◆優秀賞(3人)
 下村 英規さん(堀畑)
 小寺 光雄さん(愛知県名古屋市)
 西谷 正之さん(三宅)
           
[PR]

by yabu-wel1661 | 2009-06-04 20:50 | 本部