カテゴリ:養父支部( 73 )

さわらび作業所、手芸ボランティアグループ野外体験交流会

 d0044608_18273737.jpg
 8月5日(金)、さわらび作業所、手芸ボランティアグループ、養父市社協養父支部により開催された『さわらび作業所、手芸ボランティア野外体験交流会』を取材してきました。
 当日は、真夏の日差しの中、養父市森の石ケ堂古代村を会場とし父兄等も含め総勢24名の参加がありました。
 
 この会は、日頃、交流のある同作業所員、同ボランティアの皆さんが、野外で食事やレクリェーション等を一緒に行うことで、より一層親睦を深めることが目的で開催されました。
  
 同ボランティアグループのSさんは、「毎月一回程度、作業所のバザー品等の作成のお手伝いに行っています。手伝いというより自分の楽しみなんですけど」と語っていました。

 午前中は、昼食の準備でした。顔なじみもあってか、お互いを名前で呼び合う間柄で、和気あいあいと準備を進めていました。最初は上手に握れなかったおにぎりも、ボランティアさんのアドバイスにより数を重ねるごとにきれいな形に仕上がって、作業所の皆さんから笑顔があふれていました。

 途中、手作りのカキ氷がもてなされ、涼しさを感じることができました。

 昼食では、自分達で準備した食材で、バーベキューをして、汗をかきながらも美味しそうにお肉をほおばっていました。『やっぱり、みんなで食べるとおいしいわ!』と同作業所のMさん。昼食を利用しての取材のつもりが、食事までご馳走になり、逆に色々と質問されたり、世間話に花を咲かせてしまいました。その分、作業所の皆さんともすぐに打解けることもできよかったです。

 午後からは、スイカ割り、同作業所指導員の小柴由起子さんが先頭に立ち、参加者全員でマツケンサンバ等を踊り、暑さも吹き飛ばす活気、笑顔が一面に広がっていました。
  
 今回の取材で特に印象に残っているのは、作業所員とボランティアの皆さんが、互いに名前で呼び合っている点でした。日頃の交流の中で、よい人間関係が築けているんだなぁとほのぼのとした思いをした取材でした。 
 
 このようなイベントがあれば是非声をかけてください。
[PR]

by yabu-wel1661 | 2005-08-05 18:09 | 養父支部

「子育てひろば」はじまりました

梅雨の中休みでとてもいいお天気となった6月13日、『子育てひろば』を開放しました。

d0044608_1837504.jpg


大勢来てくれるか心配でしたが、19組39名もの方が集まってくださいました。
最年少は4ヶ月のかわいい赤ちゃん(^o^)!

初日ということでこちらがバタバタしていて、「あっ」というまに時間が過ぎてしまいましたが、これから「みんなが楽しく交流できる場」として活用していただきたいです。


d0044608_1836046.jpg

☆ 毎週月曜日、祝祭日以外は開放しているので、ぜひ遊びに来てください!!!
[PR]

by yabu-wel1661 | 2005-06-17 17:35 | 養父支部

『子育てひろば』開放します!

養父支部では、子どもと子育て中のおかあさん、おとうさん、おじいちゃん、おばあちゃんが気軽によって楽しく交流できる場所として、6月13日(月)より、毎週月曜日『子育てひろば』をふれあいサロンそよ風(養父市上箇)にて
d0044608_18131471.jpg
開放します。

たたみの上で、子どもと触れあったり、お茶を飲みながら子育てについて話したり、
考えたりする「ひろば」にしたいので、ぜひ遊びに来てください。


☆開放時間は午前中10時から午後12時までで、おおむね5歳くらいまでのお子さんと保護者
[PR]

by yabu-wel1661 | 2005-06-06 12:11 | 養父支部