カテゴリ:大屋支部( 20 )

「宮垣区」年末年始地域ふれあい事業

d0044608_1502354.jpg
1月30日、宮垣区でふれあい交流事業が行われました。

これは、福祉連絡会が中心となって区の役員会や子ども会、女性会、ボランティアグループ琴弾きの会が企画したもので、92人が参加しました。

d0044608_1503663.jpg安木ファミリー(朝来市)のマジックショーでは、手遊びなども交え、不思議で楽しいマジックに会場は熱気に包まれました。その後は、ビデオ上映や輪投げなどのレクリエーション、ビンゴゲームが行われ、昼には手づくりの豚汁やおにぎりがふるまわれました。



子ども会の会長さんは「区長さんからの声かけで企画から参加しました。マジックショーでは子どもたちが引き込まれるように楽しんでいました。これからも継続していってほしいです」。

区長さんは「区内の団体が協力して開催することができました。今日は大雪にも関わらず、子どもから90歳を越える人まで大勢の方に来てもらえ、良かったです」と話していました。

d0044608_1505086.jpg
▲区民みなさんの作品も展示されました
[PR]

by yabu-wel1661 | 2011-01-30 17:58 | 大屋支部

「野ぎくの会」で調理実習

d0044608_14581031.jpg
 「楽しく・美味しく・安全に」食べることは『生きる喜び』です。

1月20日、家庭で高齢者等を介護している人たちが交流や情報交換などを通して心身のリフレッシュや仲間づくりをする「野ぎくの会」を大屋保健センターで開催。調理実習をしました。
この日は10人が参加し、養父市健康課の栄養士を講師に迎え、ソフト食について指導を受けました。

ソフト食は、きざみ食に代わる新しい食形態で、見た目がきれいな介護食です。しっかりと形がありながらもやわらかくて食べやすく飲み込みやすいのが特徴です。

参加者は、ひき肉でつくる鶏のから揚げや、薄めに切って炊いたかぼちゃのいとこ煮、オレンジムースなど分担しながら調理し、村上栄養士からは「ソフト食は一手間かかるが、少しの工夫で食べやすく飲み込みやすくなり、食事が楽しみになりますよ」と説明がありました。

参加者のMさんは「やわらかいだけでなく、弾力もありおいしい料理を教えてもらい勉強になりました」と感想を述べていました。
[PR]

by yabu-wel1661 | 2011-01-20 18:56 | 大屋支部

デイサービスセンター「ふれあい」でミニコンサート♪


 10月28日、デイサービスセンター「ふれあい」で、パーマー三香子さんによる『里帰りミニコンサート』を開催
しました。
d0044608_15241423.jpg

 d0044608_1513644.jpg
 三香子さんは、養父市三宅出身で現在はカリフォルニアに在住し、現地で日本の歌謡曲を中心としたバンド活動を展開し、ご活躍されています。
 

 当日は、オリジナルソング「今、何処にいますか」の他、「津軽海峡冬景色」「一円玉の旅がらす」など全9曲が披露され、最後は利用者全員と「北国の春」を合唱しました。

 
 三香子さんの美しい歌声に、利用者は終始笑顔で楽しいひと時を過ごしました(*^_^*)


d0044608_15133679.jpgd0044608_15135147.jpg
[PR]

by yabu-wel1661 | 2010-11-01 15:19 | 大屋支部

筏区ふれあいいきいきサロン

d0044608_1342521.jpg
筏ふれあい福祉会(筏区福祉連絡会)はみんなが楽しく笑顔でつどえるように、70歳以上の高齢者を対象としたふれあいいきいきサロンを開催しています。

9月21日のサロンには29人が参加し、旧西谷小学校で操業する食品製造会社「但馬醸造㈱」を見学。醸造所に改装した体育館には巨大な発酵タンクが並び、参加者は酢の製造工程について興味深そうに説明を受けていました。

見学後は西谷公民館へ移り、酢を使ったさんまの煮付けなどを試食し、この日は介護予防サポーターようかによる体操やレクリエーションもありみんなで楽しみました。

参加者は「工場を見学して、より身近な存在に感じられたわ」「体操もよかったわ」と嬉しそうに話し、福祉委員のMさんは「次はいつ?と毎回楽しみに待っていてくださり、スタッフ一同とても嬉しいです。これからも笑顔いっぱいの会にしていきたいです」と抱負を述べていました。

d0044608_1344045.jpg

[PR]

by yabu-wel1661 | 2010-09-21 18:59 | 大屋支部

7月7日は七夕☆

d0044608_10334238.jpg
 大屋地域では、家で閉じこもりがちな高齢者を対象に、孤立感の解消や介護予防などを目的とした「地域ふれあいの家いきいきサロン」を毎週水曜日に大屋ふれあいの家で実施しています。

 7月7日のサロンでは、参加者17人が短冊に願いごとを書いて笹に飾り、七夕会で楽しみました。

 「毎日元気に暮らせますように」 「もの忘れせず長生きできますように」 「家族が楽しく生活できますように」・・・ 
 
  皆さんの願い事が叶いますように☆ (*^_^*)
d0044608_1151387.jpg

[PR]

by yabu-wel1661 | 2010-07-08 11:55 | 大屋支部

大屋地域ひとり暮らし高齢者のつどい

 大屋地域では、ボランティアグループが主催となり各地区でひとり暮らし高齢者のつどいを開催しています。

 6月13日の大屋地区のつどいでは、14人の参加がありボランティアの手作り弁当が振る舞われました。
 午後からは、講師にレクリエーションインストラクターの米田民子さんを招き、歌体操や、懐メロに振り付けを考えての発表など、体も心も温まるレクリエーションで楽しみ、最後はビンゴ大会で盛り上がりました。
d0044608_17442089.jpg

d0044608_17495063.jpg


 また、西谷地区では6月22日につどいを開催し、参加者11人とゲームをして楽しんだ後、八鹿町の川見陽子さんを講師に招き、オルガンに合わせた歌や手遊びなどで交流を深めました。
d0044608_1722812.jpg

 参加者は「こんなに笑って楽しめたのは久しぶりやわぁ」と喜んで話していました(*^_^*)
[PR]

by yabu-wel1661 | 2010-06-23 18:17 | 大屋支部

6月1日は『善意の日

d0044608_17274325.jpg

善意の日の6月1日、養父市内各地で啓発活動が行われました。
大屋地域では、民生委員・児童委員16人が琴弾の丘とおおや作業所で除草などの活動を利用者と一緒に行いました。
 大屋民生委員児童委員協議会の石田剛司会長は「一人ひとりのほんの小さな善意の心を集めて、作業をさせていただきました」と話していました。
 そのほか、市役所や商工会での募金活動や、幼稚園などで園児に風船を配る啓発が行われました。また、市民から善意の日の寄附も寄せられました。
[PR]

by yabu-wel1661 | 2010-06-09 17:50 | 大屋支部

口大屋地区ひとり暮らし高齢者のつどい

5月10日、口大屋地区ボランティアグループの主催でひとり暮らし高齢者のつどいが行われました。
 このつどいは、ボランティアグループが計画し開催したもので、参加者11人で和田山町の大町藤公園へ出かけ親睦を深めました。
当日は、あいにくの小雨交じりの空模様でしたが、園内一面に咲き乱れる白や紫の藤の花を前に参加者も終始笑顔で、和やかな雰囲気に包まれていました。
d0044608_1732592.jpg

[PR]

by yabu-wel1661 | 2010-06-08 17:31 | 大屋支部

地域ふれあいの家いきいきサロン

家で閉じこもりがちな高齢者を対象に、孤立感の解消や介護予防などを目的とした「地域ふれあいの家いきいきサロン」を毎週水曜日に大屋ふれあいの家で実施しています。

今までは旧小学校区ごとに利用日が決まっていましたが、今年度からは、希望するすべての日に利用できるようになりました。

4月7日のサロンでは、養父警察署から交通課交通総務係の三木睦雄係長と、北尾静香交通指導員を招き
「春の全国交通安全運動」の話や、横断歩道での危険予測など、高齢者の交通安全について勉強しました。
 4月からは、ボランティアグループが昼食づくりで参加するなど、今まで以上に地域のみなさんと一緒になってサロン事業を盛り上げていきます。

利用料は1,000円で、送迎は社協が行います。ぜひ、ご参加ください。
d0044608_9194447.jpg

[PR]

by yabu-wel1661 | 2010-04-07 19:18 | 大屋支部

高齢者とカルタで腕試し!

d0044608_1752661.jpg
『瀧の音は絶えて久しくなりぬれど名こそ流れてなほ聞えけれ』
「この句のように、大屋校は閉校してしまうけど、いつまでも大屋校の歴史を忘れることはないので、生徒の皆さんも誇りを持って頑張ってほしいです」と話したのは山根さんです。

1月15日、八鹿高校大屋校で「高齢者.高校生百人一首交流会」を開催しました。
世代を越えたふれあい、伝統文化への関心を高めることを目的としたこの交流会には、日頃ふれあい郵便や友愛訪問などの活動でつながりを持つ、12名の高齢者が参加しました。

カルタ大会では、生徒と高齢者混合チームによる対抗戦が行われ、会場は大いに盛り上がりました。
その後は、百人一首の歴史的背景や和歌の分類についての講義があり、生徒、高齢者それぞれがお気に入りの一首を発表しました。

同校のFさんは「高齢者の方々とのふれあいを通して、人との意見交換の大切さを再認識しました」と話し、最後に生徒、教員が地域の皆さんへ感謝の気持ちを伝えました。
[PR]

by yabu-wel1661 | 2010-02-01 17:47 | 大屋支部