「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:関宮支部( 67 )

たんぽぽの会(介護者の会)で調理実習

6月17日、関宮ふれあいの郷で、たんぽぽの会(介護者の会)を開催しました。
今回は、「健康に役立つ栄養の話」と「調理実習」で、参加者以外に社協職員も参加し、総勢14人の参加がありました。
まず、講師のはちぶせの里管理栄養士の南美津子さんからカルシウムの摂取方法についての話がありました。「体内に含まれる99%は骨・歯の成分となっています」「カルシウムを多く含むものは、小魚類や牛乳、豆腐です」といった話がありました。
調理実習では身近にある食材を使って「そばボーロ」「抹茶小倉あんみつ」を作りました。    ↓ そばボーロd0044608_13563210.jpg

d0044608_13395497.jpgd0044608_13401244.jpg
[PR]

by yabu-wel1661 | 2010-06-17 18:43 | 関宮支部

関宮小学校4年生 総合学習で学ぶ

d0044608_18301814.jpg関宮小学校は、毎年4年生を対象に、総合的な学習の一環で福祉学習をしています。

6月7日と14日には、36人の児童がアイマスク体験、車いす体験をそそれぞれ行い、社協職員が学習の支援のため、体験の指導などにあたりました。

 最初に、児童全員で「福祉」の意味について考えました。社協職員から、「福祉は、みんなが幸せで気持ちよく暮らせることです」と説明があり、そのためには、どうしたらいいか学習しました。

 また、アイマスク、車いす体験では、介助方法や操作方法を学ぶだけでなく、目の不自由な人にどんなお手伝いができるか、車いすに乗っている人に何が妨げになっているかなどを児童が考えながら体験を行いました。

 児童は、「車いすに乗っているとたった3センチくらいの段差でも、高く感じました」と感想を話していました。

d0044608_1839059.jpgd0044608_18402669.jpg
[PR]

by yabu-wel1661 | 2010-06-16 18:34 | 関宮支部

別宮ふれあい喫茶で一息

d0044608_17233478.jpg
 広報取材ということで、6月2日、「別宮ふれあい喫茶」におじゃましてきました。今回は区民26人の参加がありました。
 お話を伺うと、地元のボランティアや福祉委員が中心となって開催しているとのことで、概ね月に1回、食事やお茶、ゲームなんかをして交流しているようです。

 今回は、ボランティアの手づくりのおはぎが、ふるまわれたり、歌を楽しんだりしたりしてひと時を過ごしていました。

 ボランティアさんは、「無理せんよう、できることをボランティアが、お世話させてもらってます」と話していました。

また、「これから参加する介護予防サポーター研修で勉強するんで、レクリェーションをしっかり覚えてきます」と話すボランティアさんもいました。
 参加のご老人は、「歌ったり喋ったりすることがボケ防止になるんやわ」と話していました。
[PR]

by yabu-wel1661 | 2010-06-03 17:24 | 関宮支部

関宮小学校4年生36人がデイサービス利用者と交流

 5月25日、関宮小学校4年生36人が、総合的な学習の一環として関宮デイサービスの利用者28人と交流会を行いました。
d0044608_16272465.jpg
 まず、児童が、それぞれ自己紹介。名前と住所、自分のおばあちゃんとおじいちゃんの名前を大きな声で紹介しました。 
 

 次に、グループに分かれて名前当てゲームやしりとりゲーム。最初は、緊張していた児童たちも、ゲームをしているうちに慣れ、親しく話すこともできるようになりました。


  児童は、「名前当てゲームが楽しかったです。お年寄りの方が笑顔で握手をしてくれて、うれしかったです」と話していました
 

  また、担当教諭は、「毎年、4年生は、総合的な学習で福祉を学んでいます。初の交流会で緊張気味でしたが、交流する中で、子供たちに笑顔が出るようになり良かったと思います」と感想を述べていました。
[PR]

by yabu-wel1661 | 2010-06-03 16:36 | 関宮支部

「手づくり広場ほわほわ」が、デイサービスの利用者さんと交流

d0044608_17491098.jpgd0044608_1753536.jpg








5月21日、ボランティアグループ「手づくり広場ほわほわ」7組16人の親子が、デイサービスの利用者さんと交流しました。
ほわほわは、子育て中の親子が集まり、「愛情がこもった手づくりが一番」をモットーにおやつ作りをして、デイサービスの利用者と一緒におやつを食べて交流する活動をしています。
今日も高齢者の皆さんと楽しく交流しました。
[PR]

by yabu-wel1661 | 2010-06-03 16:28 | 関宮支部

安井仲良し会に介護予防サポーターようかが訪れる

5月11日は、関宮ふれあいの郷で開催している介護予防事業「生きがい通所」に、「安井仲良し会」の会員15人が参加しました。
d0044608_1743243.jpg
これは、介護保険に該当しない高齢者が、社会参加することにより要介護状態に陥ることなく健康でいきいきと過ごせることを目的に開催しています。

今回は、「介護予防サポーターようか」のメンバーにお願いしてレクレーションを楽しみました。

久々の再会なんかもあって、皆さんの話もはずんでました。
[PR]

by yabu-wel1661 | 2010-06-03 16:27 | 関宮支部

ふれあいの郷で介護予防「安井仲良し会」

安井区の高齢者15人が会員の「安井仲良し会」は、22年度最初の会合を、生きがい通所事業とあわせて、4月6日、関宮ふれあいの郷で開催しました。
この日は、今年度の会の運営や事業の計画について、参加者同士で話し合いました。

代表の栃下さんから、「今年度、集まりがマンネリ化しないようにするために、講師をお願いして、健康体操やゲームを指導してほしい」と意見がありました。

また、会員の栃本恵美子さんは、「社協にも協力してもらいながら、ふれあいの郷に来てよかったと思えるような集まりになればいいと思います」と話していました。

生きがい通所事業は、高齢者が社会参加することにより、健康でいきいきと過ごせることを目的に行い、毎月
1回開催し、ゲームや体操、会食をしながら交流を深めています。

また、調理ボランティアが食事作りで参加し、昼食の弁当を季節にあわせた献立で調理しています。

この事業には、「安井仲良し会」の他に、ひとり暮らし高齢者の「ほのぼの会」(代表 相地巧さん 会員45人)と「リハビリの会」(代表 山根あさゑさん 会員11人)も毎月1回参加しています。
d0044608_9224633.jpg

[PR]

by yabu-wel1661 | 2010-04-06 18:20 | 関宮支部

手からやさしいぬくもりが伝わった デイサービス交流会

d0044608_1784840.jpg
関宮小学校4年生27人は、年間を通し総合学習で福祉を学び、その中でデイサービス利用者との交流を深めてきました。

1月21日は、今年度最後となる4回目の交流会を行いました。

交流会は児童がゲームを準備し、担当を決めて進行しました。じゃんけんゲームや、百人一首を使った「ぼうずめくり」で楽しみました。また、プレゼントが用意され、中には手作りのピーナッツクッキーとメッセージが入っていました。

最後に、児童が全員に握手をして回ると「ありがとうねぇ」と涙ぐむ利用者の姿も見られ、とても名残り惜しそうな様子でした。

児童のTさんは「4回の交流会でおじいちゃんおばあちゃんと仲良くなれて良かったです」と話し、

利用者のUさんは「思いがけなく、子ども達みんなとゲームもできて楽しかったです」と話していました。
[PR]

by yabu-wel1661 | 2010-02-02 17:33 | 関宮支部

関宮支部ボランティアのつどい

たくさん笑って、親睦を深めた

12月9日、ふれあいの郷で、「関宮支部ボランティアのつどい」を開催し、35人の参加がありました。

当日は、社協活動の紹介をした後、各ボランティアグループの活動発表があり、活動をするなかでのやりがいや喜び、工夫していることなどの他に、苦労や悩みなどたくさんの意見を交換しました。

レクリエーションインストラクターの米田民子さんを講師に迎えて「笑いは健康の源」と題したレクリエーションの学習がありました。

4グループに分かれて行った新聞紙のファッションショーでは、新聞をちぎったり、貼りつけたりしながら、ドレスや着物など様々な服に仕上げました。

d0044608_15565677.jpg

[PR]

by yabu-wel1661 | 2010-01-08 17:55 | 関宮支部

秋の防火訪問を実施

d0044608_1285838.jpg
11月17日~20日、ひとり暮らし高齢者世帯と高齢者夫婦世帯を対象とした防火訪問を市内で行いました。これは、養父市消防本部と関西電力、社協が協力して高齢者が安心・安全に生活できるように、春と秋の年2回実施しているものです。

11月19日は、関宮地域の6世帯を訪問しました。消防署員は、各家庭の台所まわり、お風呂のボイラー、消火器の点検などを行いながら「火災報知機を付ける位置は壁から60㎝離してくださいね」「ストーブの上に洗濯物を干さないように」など助言していました。
d0044608_1291874.jpg
また緊急連絡先の確認や身体状況の聴き取りなどを行いました。
関西電力職員は、ブレーカーや漏電の点検をし「たこ足配線は危ないですよ」と注意しながら、配線の確認などをしました。

中村さんは「高齢の二人暮らしなので、これから暖房を使うようになると火事を起こしてしまったらどうしようと不安だったけど、点検してもらって説明も聞けたので安心できました」と話していました。
[PR]

by yabu-wel1661 | 2009-12-09 09:10 | 関宮支部