「ほっ」と。キャンペーン

業務研究会開催

 3月14日、やぶ生涯学習センターで養父市社協職員協議会業務研究会を開催しました。
 
 今回は、兵庫県社協地域福祉部長 馬場さんをファシリテーターに「みんなで考える養父市社協のこれから」~見える社協、信頼される社協を目指して~と題した提案・説明がありました。
 
 最初に、来年度から策定にかかる養父市社協地域福祉推進計画の意義・必要性について説明がありました。養父市社協になり最初の計画であり、また、初めて携わる職員も多く、なぜ計画が必要なのか確認を行いました。

 話の中で、「養父市社協として取り組む目玉となる事業を計画の中に掲げることが大切」とありました。地域福祉事業は、限られた人にしか分からない事業もあり、養父市全体を見渡せた計画でなければならないと思いました。

 また、参加者それぞれ社協職員としてどういった事業をしたいかなどの意見も出し合いました。

 定期的に職員が集まり、意見を出し合える場の必要性も感じました。

d0044608_17402636.jpg

[PR]

by yabu-wel1661 | 2007-03-15 09:00 | 本部

法律相談セミナー~遺言と相続について考える~

d0044608_13195771.jpg
第3回法律相談セミナーを3月7日に開催しました。
この日は、一般市民、福祉関係役職員などあわせて91人が参加しました。

テーマは「相続と遺言について考える」と題し、養父市社協顧問弁護士の三宮法律事務所弁護士福島さんを講師に招き、相続・遺言についての基礎的な勉強会を行いました。

弁護士は、「遺言は、自らの財産を最終的にどう処分するのかを明らかにするものです。亡くなってからの紛争を防止するため、遺言を作成しましょう」と説明されました。

続けて「遺言の種類は自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言の3種類があります。公証人が作成する遺言は、原本が公証人役場に保管されるので、自筆のように紛失・偽造される危険はないため、これをおすすめします」と話されました。

参加者は「今まで遺言について詳しく勉強する機会がなかったので、たいへん勉強になりました。私も遺言を作成しようと思います」と感想を述べていました。
[PR]

by yabu-wel1661 | 2007-03-08 13:20 | 本部