「ほっ」と。キャンペーン

養父地域全区で取り組む 第5回一斉災害避難訓練

養父地域でマグニチュード7・3の強い地震を想定した一斉災害訓練が9月27日に実施されました。

この訓練は、行政・区長会・民協・消防団・警察署・社協などが連携してつくる「地域住民を災害等から守る連絡会」が主催したもので、災害時に全住民が速やかに避難できるように、また、寝たきり高齢者などの要援護者の避難支援等を目的に実施され、今年で5回目となります。

モデル地区となった堀畑区では150人の住民が参加し、要援護者の安否確認や消火訓練、炊き出し訓練のほか、要援護者(負傷者)の救助訓練なども行われました。

その他の地域では、放水訓練、応急手当訓練、民生委員・児童委員や民生・児童協力委員、福祉委員による要援護者台帳の更新なども行われました。


d0044608_17161121.jpg
要援護者の救助訓練




d0044608_17114034.jpg
健康チェック(応急手当)



d0044608_17121764.jpg
給水訓練



d0044608_17124157.jpg
初期消火訓練


[PR]

by yabu-wel1661 | 2009-09-29 17:33 | 本部

ご長寿インタビュー~森脇スミさん~ 94歳で書道教室の現役先生



養父市に在住の森脇スミさんは、大正4年生まれの満94歳です。現在おひとり暮らしで元気に過ごされています。
8月26日、お宅を訪問し生活の様子などをお聞きしてきました。

▼日課を教えてください
書道や俳句の本、地域の広報、新聞などを読んでいます。毎日いくら時間があっても足りません。

▼楽しみは何ですか?
花を見たり、景色をながめたりするのが好きですね。それから娘夫婦がいろんな所に連れて行ってくれるのも楽しいですよ。但馬だけでなく神戸や姫路も行きます。
お習字の生徒さんが来てくれるのもうれしいですよ。

▼長寿の秘訣は何ですか?
自然と時が過ぎたという感じです。長寿の秘訣か分からないけれど、いろんな事に下手なりに挑戦することは好きですね。

▼ご自慢は何ですか?
書道で去年豊岡市美術展で賞をいただいたことかな。恥ずかしくて自慢なんてできないですよ。

▼これからの目標は?
いろんな方にお世話になっているので、生かされていると思っています。感謝の気持ちを忘れずにいることですね。書道を子ども達に教えていくことは続けたいと思っています。


▼取材を終えて
スミさんは、とても勉強熱心な方で、たくさんの書物を毎日読んでおられます。「身の回りのことは、娘夫婦とヘルパーさんの助けでできているんですよ」と感謝の気持ちを話されました。
これからもお元気でお過ごしください。
d0044608_13432021.jpg











▲給食サービスを利用されています。
[PR]

by yabu-wel1661 | 2009-09-14 12:56 | 本部

野ぎくの会とたんぽぽの会の交流会

家庭で寝たきりや認知症高齢者を介護している人たちが交流や情報交換、介護研修などを通して心身のリフレッシュを図るために組織された野ぎくの会(大屋)とたんぽぽの会(関宮)の交流会を8月27日、明延鉱山学習館で開催しました。
この交流会は、毎年実施しているもので今回は22人の参加がありました。

まず学習館では、明延鉱山の歴史についてビデオを観た後、明延鉱山ガイドクラブ藤尾賢介会長の説明のもと坑道を見学しました。

坑道内は、通路などにできるだけ手を加えないことで、当時の姿を感じ取ることができ、ガイドの藤尾さんは「近代化産業遺産にも指定された明延鉱山を多くの方々に知っていただきたいです」と話していました。

見学後はお互いに介護についての体験談など話しあいながら交流を深めました。

参加者の小林いつ子さん(和田)は、「今日はいい体験ができ、関宮の方とも交流できて良かったです」藤原登(と)美(み)輿(よ)さん(大久保)は、「鉱山の仕事や、昔の人が忍耐強く働いていた様子が良く分かり感動しました」と感想を述べていました。
d0044608_1611763.jpg

[PR]

by yabu-wel1661 | 2009-09-01 18:58 | 大屋支部

岩崎区 頑張ろう会

岩崎(いわさい)区では、高齢者の健康づくりと、地域の子どもの成長を見守ることを活動目標に、ふれあいいきいきサロン「岩崎頑張ろう会」を実施しています。年に6回、健康に関する講座や体操、子どもと昔遊びで交流などを行っています。

8月6日には、区内にある寺の本堂に、高齢者や子ども、保護者など16人が集まり、ボランティアグループ「介護予防サポーターようか」によるレクリエーションなどを行いました。

最初に、戦争を題材にした絵本の読み聞かせが行われ、参加した高齢者からも戦時中の生活の様子などが語られました。

その後も手遊びやパズルゲームなどを行い、最後に冷やしたスイカを食べて交流しました。
d0044608_15564431.jpg

参加した藤原彩さん(4年生)は「パズルと本を読んだのが楽しかった」また、サロン代表者で岩崎老人クラブ会長の川崎安夫さんは「小さな村で子どもの数も少ないので、子どもたちがおじいちゃんおばあちゃんとも気軽に話せるよう普段から声かけを心がけています」と話していました。
[PR]

by yabu-wel1661 | 2009-09-01 18:30 | 八鹿支部