「ほっ」と。キャンペーン

養父民児協視察研修会

d0044608_93044100.jpg

7月12日、養父民生委員児童委員協議会の視察研修会で、鳥取県の東伯郡湯梨浜町の救護施設「ゆりはま大平園」を見学しました。

救護施設は、生活保護受給者を入所させて生活扶助を行う施設で、生活家庭の事情や障害等の理由で在宅で生活できない方が市町村の福祉事務所を通して措置で入所する施設です。
全国で188ヵ所あり、約17,000人が利用しているそうです。

ゆりはま大平園は、平成17年1月に開設。現在の入所者は88人とのことです。
元気な方は、将来、地域移行できるように就労支援をされています。

また、救護施設では作業訓練を行い、創造の喜びと社会参加を図っています。
作業内容は、農園芸作業、委託作業、陶芸作業等です。
特に農園では、土を使わない水耕栽培を行っておられます。
また同施設には就労継続支援B型事業「ハッピーバーディー」が併設されていました。

施設長さんと支援課長さんに親切な対応と丁寧な説明を受け、たいへん有意義な研修会とりました。

ありがとうございました。

d0044608_93105.jpg

[PR]

by yabu-wel1661 | 2010-07-21 19:11 | 養父支部

養父地域 地区福祉委員会

養父市社協では、第1次地域福祉推進計画の重点事業として「小地域福祉活動」を推進しています。

子どもから高齢者まで、地域に暮らす誰もがお互いに支えあい助けあいながらともに生きるまちづくりをめざし、「福祉委員」の設置と福祉委員、区長、民生委員・児童委員、民生・児童協力委員などを構成員とする「福祉連絡会」づくりを進めています。

養父地域では、6月15日から6月25日にかけて、福祉連絡会のメンバーを対象に5校区ごとに地区福祉委員会を開催しました。

委員会では、福祉委員に委嘱状を交付したあと、小地域福祉活動の必要や各地区の取り組みなどを写真を使って説明しました。

そのほか、活動助成金の使い道をマンガで説明したパンフレットや、地域に無料で貸出できるレクリエーション用品等のパンフレットの配布もしました。

三谷校区福祉委員会では、ある区長さんから「今後地域でのたすけあい、ささえあいの必要性を強く感じた。今度の福祉委員会では、老人クラブの会長にも参加してもらい、地域全体で話し合い、まとまっていかなければならない」と意見が出されました。

d0044608_1332040.jpg

          養父小学校区地区福祉委員会



d0044608_13321096.jpg

          浅野小学校区地区福祉委員会



d0044608_13322076.jpg

          広谷小学校区地区福祉委員会



d0044608_13322942.jpg

          建屋小学校区地区福祉委員会



d0044608_13324220.jpg

          三谷校区地区福祉委員会
[PR]

by yabu-wel1661 | 2010-07-13 12:31 | 養父支部

7月7日は七夕☆

d0044608_10334238.jpg
 大屋地域では、家で閉じこもりがちな高齢者を対象に、孤立感の解消や介護予防などを目的とした「地域ふれあいの家いきいきサロン」を毎週水曜日に大屋ふれあいの家で実施しています。

 7月7日のサロンでは、参加者17人が短冊に願いごとを書いて笹に飾り、七夕会で楽しみました。

 「毎日元気に暮らせますように」 「もの忘れせず長生きできますように」 「家族が楽しく生活できますように」・・・ 
 
  皆さんの願い事が叶いますように☆ (*^_^*)
d0044608_1151387.jpg

[PR]

by yabu-wel1661 | 2010-07-08 11:55 | 大屋支部