地区福祉委員会開催

3月14日、であいの里で今年度第3回目の地区福祉委員会が、開催されました。
市内では地区ごとに福祉委員会が設置されており、関宮地域でも4地区でそれぞれ年3回ずつ開催しています。今回は、主に今年度の活動振り返りと来年度の活動計画を各区ごとに、福祉連絡会のメンバー(区長、福祉委員、民生委員・児童委員、民生・児童協力委員)で話し合いました。
d0044608_1533367.jpg

[PR]

by yabu-wel1661 | 2013-03-22 10:02 | 関宮支部

養父市場区で異世代交流「もちつき大会」

d0044608_17323983.jpg

養父市場区(227世帯)の「異世代交流もちつき大会」が3月16日、同区コミュニティセンターで開催され、子どもから高齢者まで60人が参加しました。

この事業は、昨年11月に社協が主催する校区地区福祉委員会で同区福祉連絡会のメンバーが企画したもので、実施にあたり区の役員や子ども会に参加を呼びかけ、今回初めて開催されました。

子どもたちは大人に教わりながら、重いきねをふりあげで一生懸命餅をついていました。

参加したAくん(5年生)は「もちを丸める作業が楽しかった。また参加したいです」と目を輝かせていました。

Iさん(86)は「若いお母さんと顔見知りになれてよかったです。これから気軽に声をかけられますね」と笑顔でした。

区長さんは「世代を越えて区民が集う機会が減っているので、今日はたくさんの人でにぎわってよかったです。これからもこのような事業を企画していきたいです」と抱負を述べていました。

d0044608_17325838.jpg

[PR]

by yabu-wel1661 | 2013-03-16 17:26 | 養父支部

「子育て力アップセミナー」を開催

d0044608_1724429.jpg

「安心地区」整備推進事業子育て力アップセミナーを3月9日、関宮ふれあいの郷で開催し、子育て中の親や子育て支援関係者など22人が参加しました。

これは、人格形成の基礎になる大切な時期を、いかに子どもと向き合い、どう育てていくのか、「子育て力」について学んでもらおうと開催したものです。
この日は、講師の本荘教育センター、本荘貴先生から家庭環境の作り方やしつけについて話がありました

先生は教育研究者の立場から、子育てで一番大事なことは「人格形成」であると指摘し、
・幼児期にガマンをさせることを教える
・「早寝早起き朝ごはん」親が生活リズムを一定させる
・親孝行させる心を育てる
・食べ物の好き嫌いが多い子は集団に入りにくい
・学力をあげても人格は成長しない
・子どもを叱るとき、怒鳴ったりせず、感情を冷静に保って言いきかせる。それがしつけ
・お父さんは一番こわい存在が理想
・女の子は母親の背中を、男の子は父親の背中を自然に見ている
・母親が父親を尊敬しているか
・玄関にくつを出したままにしない。すべて靴箱にしまう
・「道」のつく習い事がよい

などと話されました。

最後に「『親が変われば子も変わる』。親が生活の手本となるよう子育てしてください」と助言されました。

参加者は「とても勉強になりました。明日からの子育てにさっそく役立てていきただいです」と話していました。
[PR]

by yabu-wel1661 | 2013-03-11 17:45 | 養父支部

上薮崎区『男の料理教室』を開催

上薮崎区の男性が、料理を作り区民にふるまう「男の料理教室」が2月17日、同区公民館で開催され、子どもから高齢者まで36人が参加しました。

この事業は、同区福祉連絡会が企画し、ボランティアグループ「上薮崎ふれあいクラブ」が主催したもので、今回で2回目の開催となります。

この日のメニューは「カレーライス」と「大根とてんぷらの和えもの」。

9人の男性料理人は、野菜の皮をむきながら「普段あまり料理をしないのでむずかしいわ」「毎日料理している主婦は大変やなぁ」と四苦八苦の様子。女性に見守られながらなんとか完成させました。

出来上がった料理を女性や子どもたちにふるまうと「美味しい」と大好評。「喜んで食べてもらえると嬉しい」と料理の腕前をあげた男性は満足げな表情でした。
d0044608_17365475.jpg

[PR]

by yabu-wel1661 | 2013-03-08 13:08 | 養父支部