平成24年4月1日採用

嘱託職員を募集します!

⇒募集は終了しました


●職種/介護職員(ホームヘルパー・デイサービス)

●募集人員/5人

●資格要件/介護福祉士もしくは2級訪問介護員

●募集期間/2月24日(金)まで(土・日除く) 9時~17時

●試験内容/適性試験・作文・面接試験

●試験日/3月2日(金)

●処遇/養父市社協規定による

※希望者は、履歴書・資格証の写しを下記応募先までご持参ください


■お問い合わせ・応募先/養父市社会福祉協議会
  〒667-0022 兵庫県養父市八鹿町下網場320
  電話079-662-0160

[PR]

# by yabu-wel1661 | 2012-02-07 14:15 | 本部

大屋プレーパーク

大屋プレーパークに行ってきました! 

 毎日、寒い日が続きますね。
 前回のプレーパークはインフルエンザのため中止になってしまいましたが、今日は子ども達の元気な顔をみることができました。
 毛糸でリースを作ったり、木工をしたりダンボールハウスをつくったり…
 寒かったのですが、元気いっぱい遊びました。

d0044608_16123696.jpg


d0044608_1613937.jpg


 次回のプレーパークは2月27日(月)です。
 寒いので、あたたかい服装で来てね!待ってるよ(^-^)
[PR]

# by yabu-wel1661 | 2012-02-06 16:01 | 養父支部

謹賀新年

d0044608_15274295.jpg
明けましておめでとうございます。

皆さまには、輝かしい新春をお迎えのことと心からお喜び申し上げます。

本会では本日、関係職員が出席して仕事始め式を行い、会長から新春のあいさつと訓示を受けました。

今年は、平成20年度に策定した地域福祉推進計画が最終年となります。

本計画を総合的に評価するとともに、次期計画にも着手しなければなりません。

今年も地域住民や社会福祉関係者と連携・協働しながら、地域の福祉力の向上に努めていきたいと思います。

ブログも頻繁に更新できるよう努力して、皆様にタイムリーな情報を提供したいと思います。

本年もどうぞよろしくお願申し上げます。

[PR]

# by yabu-wel1661 | 2012-01-04 16:31 | 本部

良いお年を!

2011年もあっという間に過ぎてしまいました。

今年も一年、養父市社会福祉協議会をご愛顧いただき、誠にありがとうございました。

来年も役職員一丸となって、地域福祉活動やボランティア活動の支援、介護保険事業等に力を入れていきたいと考えています。

それでは皆様、お体にお気をつけて良いお年をお迎えください。


年明けは、1月4日から業務開始となります。来年もよろしくお願いします。

[PR]

# by yabu-wel1661 | 2011-12-28 17:59 | 本部

平成23年度養父市社協のつどい

d0044608_1173968.jpg


市民がつどい、社会福祉のさらなる充実をめざす機会として開催します。

■と き:平成23年12月23日(金・祝)

■ところ:養父市立ビバホール

■内容:講演とクリスマスコンサート

■講演:一人ひとりを大切に共に生きる  
    (社)兵庫県聴覚障害者協会
     たじま聴覚障害者センター 所長 小林 泉氏

■クリスマスコンサート:小西 達也氏


●チラシダウンロード  
[PR]

# by yabu-wel1661 | 2011-12-16 10:56 | 本部

被災地支援に役立ててほしい

東日本大震災義援金26,200円

 ウィザスナビ高等学校では、11月19日に文化祭「五好祭」が開催され、東日本大震災の被災地支援のため売上金26,200円を義援金として11月28日に養父市社会福祉協議会に届けられました。
 この義援金は、共同募金委員会をつうじて被災された方々に配分されます。

▼社協会長に義援金を手渡す同校生徒たち(=地域交流センター「福祉の杜」)
d0044608_1824579.jpg


▼また、古切手の収集にもご協力いただきました
d0044608_18245432.jpg

[PR]

# by yabu-wel1661 | 2011-11-30 18:25 | 八鹿支部

養父市ボランティア・市民活動センター運営委員会を開催

d0044608_17121684.jpg
 養父市社協には、ボランティア活動に関する情報交換やボランティア育成等を図ることを目的に「養父市ボランティア・市民活動センター」が設置されています。運営は各地域のボランティアグループ代表者が選出した12人の委員で行っています。
 11月21日には、養父市社会福祉協議会「福祉の杜」で平成23年度第2回の運営委員会が開催されました。みんなで元気フェスタやぶ2011の報告や開催に協力し、活動したなかでの反省点について話し合い、また市ボランティアのつどいと社協のつどいを協力して開催する事を協議しました。
12月23日に開催される社協のつどいではボランティアグループのパネル展示、福祉についての講演、クリスマスコンサートが計画されています。
[PR]

# by yabu-wel1661 | 2011-11-29 17:13

但農祭で生徒が募金活動

「がんばろう日本 届けよう但農から 元気と笑顔」

 11月12日と13日に但馬農業高等学校で「但農祭」が開催され、生徒会と農業クラブが協力して、東日本大震災の募金活動をしました。
 今年は震災や台風被害が続き、被災された方々に自分たちの思いを届けたいと考え同校は『復興支援』を合言葉に但農祭で募金を行いました。生徒は「募金をお願いしまーす」と大きな声で会場内をまわっていました。また、生徒たちが育てたシクラメンを東北に送ったり、但馬どりのチキンスモークの売り上げの一部を寄付したり、様々な支援活動に力をいれていました。

▼募金活動は、みなさんのあたたかい心が大きな力になります。
d0044608_176289.jpg
d0044608_1764471.jpg

[PR]

# by yabu-wel1661 | 2011-11-29 17:10 | 八鹿支部

区民の手作り作品を発表したい

米里区第一回文化祭を開催

 11月5日と6日に、米里体験交流センターで第一回文化祭が開かれました。会場には区民の手芸品、子どもが描いた両親の絵、区の福祉活動や防災訓練の活動写真などの作品187点が展示され約200人が来場しました。
 これは、昨年福祉委員から「手芸品を作っている人がいるけど、発表する場を作ってみては」「みんなが展示物を見て作り方を教え合いながら、区民の交流ができると思います」など声があがり、区内で相談して開催することになりました。
 5日には、ふれあい喫茶も開きお茶やお菓子でおもてなし。6日のお昼には区の女性が、寒い日には嬉しい体が温まる「いも煮」を作り振る舞われ、何度もおかわりをする人もいました。見学後は会場で一息つきながら区民だけでなく、他地区からの来場者と展示された手芸品や農作物の作り方など話し合い交流を深めました。
 ある福祉委員さんは「文化祭の展示は区民みんなが何か出そうということで、手芸グループを作り互いに教え合いながら作品を作りました。出展者も多くの人に見てもらえると嬉しいし、次の作品づくりも頑張ろうという気が湧いてくると思います。また区民だけでなく、多くの人との繋がりができる場にしたいですね」と笑顔で話していました。

d0044608_1831754.jpg
▲「どうやったらこんなに上手につくれるん?」と聞く来場者(=11月5日)

d0044608_1832249.jpg
▲子どももおいしい「いも煮」を食べ笑顔がこぼれました(=11月6日)
[PR]

# by yabu-wel1661 | 2011-11-11 18:34 | 八鹿支部

災害救援ボランティア募集

那智勝浦町へ!災害救援ボランティア募集

養父市と養父市社会福祉協議会では、このたびの台風12号豪雨災害により大きな被害を受けた和歌山県那智勝浦町での災害救援活動を行うボランティアを下記のとおり募集します。
ご都合がつき、体力に自信のある方、ぜひご参加ください。

●実施日  10月14日(金)~10月16日(日)

●行き先  和歌山県東牟婁郡那智勝浦町

●活動内容 被災家屋の片付けと泥だし、掃除ほか

●募集人員  14名(ワゴン車2台)

●受付日  10月7日(木)~12日(水)9:00~17:00(募集人員に達するまで)

●参加費  5,000円(宿泊料)

●受付電話  養父市社会福祉協議会 ℡079-662-0160

●集合場所  10月14日(金)21時30分 養父市社会福祉協議会駐車場

●行程     10月14日(金)22時     養父市社会福祉協議会出発
         10月15日(土)7時ごろ    那智勝浦町到着
               9時~16時     オリエンテーション後ボランティア
                            ホテル宿泊(宿泊料5,000円)
         10月16日(日)9時~12時 ボランティア活動
                  13時ごろ    那智勝浦町出発(車中泊)
                  21時ごろ    養父市帰着

●その他   参加者全員に天災ボランティア保険に社協で加入します。

●応募にあたっての注意事項
①7時間~8時間のワゴン車での往復
②往路は車中泊
③ワゴン車は男女混合
④活動中のトイレ確保は困難等、相当過酷な行程・活動内容となります。

被災地は余震もあり、危険が伴うことや重労働となる場合があります。ボランティアが自分自身で安全や健康を管理することを理解したうえで参加して下さい。体調が悪い方、体力に自信のない方はお申込みをお控え下さい。

また、期間中の飲料・食料(簡単に食べられるもの)、洗面具、マスク、タオル、帽子、汚れてもいい作業着、着替え、長靴等は必ずご持参下さい。

10月15日の夕食と2日の朝食はホテルで食事が出ます。

※その他詳細は、養父社会福祉協議会(℡079-662-0160)にお問い合わせください。 
[PR]

# by yabu-wel1661 | 2011-10-11 18:34 | 本部